公開日 2022年07月01日

HPVワクチンの積極的勧奨の差し控えにより定期接種の機会を逃し、定期接種の対象年齢を過ぎてから令和4年3月31日までに、HPVワクチンを全額自己負担で接種を受けた方に対して接種費用の償還払い(払い戻し)を行います。

償還払いを希望する方は以下の項目をよくお読みのうえ、期限までに申請してください。

 

対象者

以下のすべてに該当する方が対象です。

 

1.平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性

 

2.令和4年4月1日時点で上板町に住民登録がある方

 

3.定期接種の対象年齢(小学6年生から高校1年生相当)の期間に3回の定期接種を完了していない方

 

4.定期接種の対象年齢を過ぎてから令和4年3月31日までに国内の医療機関で任意接種を受け接種費用を全額自己負担した方

 

5.接種したワクチンが2価HPVワクチン(サーバリックス)または4価HPVワクチン(ガーダシル)であること
 (※9価HPVワクチン(シルガード)は償還払いの対象外です)

 

6.令和4年4月1日以降、償還払いを受けようとする回数分についてキャッチアップ接種を受けていない方

 

償還額(払い戻し額)

接種費用(最大3回分)

※予防接種以外の費用(接種のための交通費やこの申請のために要した文書料など)は償還払いの対象外です。

 

申請期間

令和7年3月31日まで

 

申請方法

以下の書類をそろえて、上板町保健相談センター窓口へ申請してください。

 

 1.ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書[PDF:141KB](必要事項を記入してください。)

 

 2.接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書など)
  ※紛失等により書類を提出できない場合は、上板町が徳島県医師会と締結した徳島県予防接種広域化委託契約の金額を払い戻します。

 

 3.予防接種記録(母子健康手帳の「予防接種の記録」、予診票の写し、接種済証など)
  ※紛失等により書類を提出できない場合は、接種医療機関で下記証明書を書いていただき、原本を提出してください。

  ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書[PDF:60.5KB]

 

 4.申請者の氏名、生年月日、住所が確認できる書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
  ※申請者が被接種者の保護者の場合は、申請者及び被接種者双方のもの。

 

 5.振り込みを希望する金融機関の通帳又はキャッシュカードの写し

 

お問い合わせ先

上板町保健相談センター ☎088-694-3344

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード