公開日 2020年11月02日

中央広域環境施設組合では、令和7年8月から『燃料化方式』による新ごみ処理施設を稼働するために、施設建設候補地の公募を行うことといたしました

◎新ごみ処理施設の概要はこちら[PPTX:515KB]
処理方式:燃料化方式(好気性発酵乾燥方式)
処理能力:70t/日
処理対象物:可燃ごみ、および粗大ごみの一部
ごみ搬入台数:平均42台/日(往復84台/日)

●応募方法
所定の応募申請書と応募承諾一覧表(別紙1)に必要事項を記入の上、用地位置図を添付して、応募者本人が中央広域環境施設組合施設整備課、または上板町役場 環境保全課まで持参してください。
添付ファイル:応募申請書[DOCX:16.9KB]   応募承諾一覧表(別紙1)[DOCX:16.8KB]

●応募資格
応募地が存在する自治会または応募地の土地所有者(個人・法人を含む)
※応募地が複数の自治会にまたがる場合や、土地所有者が複数の場合は連名での応募としてください。

●応募条件
応募しようとする用地は、次のいずれの条件にも適合していることを条件とします。
①所在地が阿波市阿波町内、市場町内、板野郡板野町内、上板町内であること。
②地権者全員の賛同が得られている、またはその見込みがあること。
③周辺住民の皆様に概ね了承が得られる見込みがあること。
④施設整備に必要な面積、形状が確保できていること。
・面積が概ね20,000㎡以上とし、施設配置(100m×130m程度)が可能であること。
⑤ライフラインの確保ができること。
・上水道、排水路、電力等が応募地内もしくは近くまで整備されていること。
⑥進入路が確保できること。
・大型車両が対面方向で同時に通行可能な道路に接続できている、もしくは整備可能であること。
⑦暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団もしくは暴力団員が所有する土地でないこと、また平成30年8月2日以降に暴力団員等から所有権が移転した土地でないこと。
※応募条件に適合している応募地であっても、現に居住されている住宅が含まれている場合やハザードマップ等により0.5m以上の浸水被害が予想される場合、その他法規制などにより候補地とすることができない場合もあります。

●応募期間
令和2年11月2日(月)~令和3年1月29日(金)まで
午前9時から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始の休日を除く)

◎その他
①新ごみ処理施設の建設地になった周辺地区では、周辺対策事業を実施します。
②候補地検討にあたり、先進地事例への見学を希望される場合や、説明会などの御希望がありましたら、お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

●お問い合わせ
中央広域環境施設組合 施設整備課
℡088(661)6031
上板町役場 環境保全課
℡088(694)6813

お問い合わせ

上板町 環境保全課
TEL:088-694-6813