公開日 2019年05月30日

熱中症は、高温多湿な環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱が溜まり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

 

予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。
●こまめに水分・塩分を補給し、体温を測りましょう。
●こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水、扇風機やエアコンを使った温度調整をしましょう。
●外出時は、日傘や帽子を着用し、通気性が良く、吸湿・速乾の衣服を着用したり、天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控えましょう。

 

熱中症が疑われる人を見かけたら、
●涼しい場所へ避難させ、身体を冷やして、水分・塩分を補給してください。
●自分で水が飲めない、意識がないなどの時は、直ちに救急車を要請しましょう。

 

暑さの感じ方は人によって異なります。高齢者の方は、暑さや水分不足に対する感覚機能が低下していることもあるので注意が必要です。
一人ひとりが周囲の人に気を配り、熱中症予防を呼びかけあいましょう。特に小さな子どもさんには大人が気を付けて見守るようにしましょう。
また、節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようにご注意ください。

 

熱中症の発生は、7月から9月がピークになります。気温の高い日が続くこれからの時期に備えて、熱中症を正しく理解し、予防に努めてください。

 

詳しくは、環境省熱中症予防情報サイト、もしくは熱中症予防声かけプロジェクトまで

 

 

 

 

お問い合わせ

上板町 福祉保健課
TEL:088-694-6810