「技の館」は、上板町のほぼ中心に位置しており、ドーナツ型の二階建ての建物として町のシンボル的施設である。
これは、板野町・上板町・土成町の三つの町で推進している巨大な青空博物館「あさんライブミュージアム」構想の一環として建設されたもので、上板町の特 性である「技」をテーマに、町に古くから伝わる伝統的な工芸、藍染、阿波和三盆糖などの製作の見学や体験製作を通じて、歴史や文化に肌で触れ、それらを学ぶとともに、日常生活で失われつつある人間性を回復する施設となることをめざしている。
「あさんライブミュージアム」構想とは、三つの町の特性を、それぞれ「彩」「技」「餐」で表し、これらをテーマに地域の誇りや資源を磨き育んでいこうと するものだ。そこには三つの町が共有する讃岐山脈や宮川内谷川、それに撫養街道といった自然環境を背景に培ってきた文化や産業を見直し、多くの人々にその すばらしさに触れていただこうという願いがこめられている。
あさんライブミュージアムの情報発信基地としては「技の館」以外にも「彩の館」「餐(もてなし)の館」がそれぞれの町に整備されており、広域青空博物館の実現に向けた活動が、ソフト・ハード両面にわたって進行中だ。

 

 

 

施設内

中庭ふうのイベント広場で、各イベントやコンサートもできる。

吹き抜ける四季の風が心地よく、夜間の照明は星空の 雰囲気があじわえます。

 

 

 

お問い合わせ

産業課
電話:088-694-6806
ファクシミリ:088-694-5903