公開日 2018年04月01日

出生届を出しましょう

赤ちゃんが生まれて、医師に出生証明書を書いてもらったら「出生届」を記入し届け出をします。
届出先 子(入籍すべき父または母)の本籍地、出生地、届出人(父または母)の所在地のいずれかの市区町村役場
届出期間 出生の日を含めて14日以内
持参するもの
  • 出生届書1通
  • 届出人の印鑑(朱肉使用の印鑑)
  • 母子健康手帳
  • 国民健康保険証(加入者のみ)

お問い合わせ先  住民人権課  TEL  694-6809
 

出産祝い金制度

出産祝い金は、子育てを社会的に支援していく目的のため、次世代を担うお子さまを出産したことを祝い交付する制度です。
交付条件 出産したお子さまと、その養育者(父または母)が出産日前3か月以上引き続き上板町に居住し、住民登録がされていること。
※他市町村で養育する子どもの数は含まれません。
交付金額  第1子     20,000円
 第2子     40,000円
 第3子以降 100,000円
申請の手続き

申請は、出生届時に「出産祝金申請書」を住民人権課に提出してください。
<申請に必要なもの> 印鑑、振込先が確認できる申請者名義の通帳など


お問い合わせ先  住民人権課  TEL  694-6809
 

子どもはぐくみ医療費助成制度

18歳に達する年度末まで、保険適用内の医療費(通院・入院とも)にかかる自己負担分を助成する制度です。ただし、3歳児以上の通院と6歳児以上の入院については、医療機関(診療料)ごとに月額600円までの自己負担が必要です。健康保険証に子どもの名前が入ってから、申請するようになります。
詳しくは、「子どもはぐくみ医療費助成事業について」に関するページまで
お問い合わせ先  福祉保健課  TEL  694-6810
 

児童手当

児童手当は、中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)の子どもを養育している方に支給します。
子どもの年齢 児童手当の月額
3歳未満 一律 15,000円
3歳以上  小学校修了前 10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学生 一律 10,000円
詳しくは、「児童手当」に関するページまで 

お問い合わせ先  福祉保健課  TEL  694-6810
 

養育医療

下記の場合、申請により医療費の一部負担金が公費負担となる制度です。福祉保健課に申請し、指定医療機関での医療給付を受けてください。(所得制限有)
要件 (1)2,000グラム以下で出生したとき
(2)正常児が出産時に有する諸機能を得るに至っていないとき
詳しくは、「養育医療を受けるには」に関するページまで
お問い合わせ先  福祉保健課  TEL  694-6810
 

出産育児一時金

健康保険の被保険者が出産した時に、加入している健康保険から給付を受けるものです。
支給額 42万円
※産科医療保障制度加入の医療機関などで出産された場合に限ります。それ以外の場合は39万円になります。
届出先 勤務先または加入している健康保険へお問い合わせください。
※上板町の国民健康保険に加入している方は、税務課(TEL 694-6807)にお問い合わせください。

関連ワード

お問い合わせ

上板町 福祉保健課
TEL:088-694-6810