公開日 2017年04月01日

 

 

納税義務者

 4月1日現在、原動機付自転車・小型特殊自動車・軽自動車・二輪の小型自動車を所有する方。

 税額と申告

  車両の種類により税額が決まります。車両を取得・譲渡・廃車したとき、住所を変更したときは、下記の窓口へ申告が必要です。

  なお、自動車税(県税)と異なり、年度途中で変更があっても月割課税制度はありません。

 

 

 

  原動機付自転車及び二輪車等

 

車種区分

税額

手続き(申告)場所

改正前

改正後

原動機付自転車

50cc以下

1,000円

2,000円

上板町役場 税務課

電話(088)694-6807

50cc超90cc以下

1,200円

2,000円

90cc超125cc以下

1,600円

2,400円

三輪以上(ミニカー)

2,500円

3,700円

小型特殊自動車

農耕用

1,600円

2,000円

その他

4,700円

5,900円

軽二輪

125cc超250cc以下

2,400円

3,600円

徳島県軽自動車協会

徳島市応神町応神産業団地1-4

電話(088)641-2010

小型二輪

250cc超

4,000円

6,000円

徳島運輸支局

徳島市応神町応神産業団地1-1

電話(050)5540-2074

 

 

 

  三輪及び四輪以上の軽自動車

   

  税制改正により平成28年度から、軽自動車(三輪及び四輪以上)の税額が次のとおりに改正されました。 

  また、最初の新規検査から13年を経過した三輪及び四輪以上の軽自動車は、平成28年度以降、重課税の対象となります。

車種区分

(1)平成27年3月31日以前に新規検査を受けた車両

(2)平成27年4月1日以降に新規検査を受けた車両

(3)新規検査から13年経過した車両【経年重課】

手続き(申告)場所

動車

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

徳島県

軽自動車協会

徳島市応神町応神産業団地1-4

電話(088)641-2010

以上

乗用

5,500円

6,900円

8,200円

7,200円

10,800円

12,900円

貨物

3,000円

3,800円

4,500円

家用

4,000円

5,000円

6,000円

(1)平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両は、(3)の【経年重課】に該当するまでは、税率(年額)を据え置きます。

      経年重課の判定の仕方については、下記を参照してください。

 

(2)平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両は、税率(年額)を引き上げます。

   ただし、平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた所定の環境性能を有する車両は、平成29年度に限り軽課税率が適用されます。

   適用条件については、裏面「3 グリーン化特例(軽課)」をご覧ください。

 

(3)平成28年度から、最初の新規検査より13年を経過した車両は、グリーン化を進める観点から、経年重課を適用し、税率(年額)を引き上げます。

  (電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引車は、経年重課の対象外です。)

 

  

 

 【経年重課】の対象となる年度の判定の仕方

 

    

平成29年度課税の経年重課の対象

平成16年 3月31日以前に最初の新規検査をした車両

 

※ 自動車検査証の様式変更が行われた平成15年10月14日以前に最初の新規検査を受けた車両については、初度検査の「月」の把握ができません。

  最初の新規検査を受けた年の12月から起算して、13年を経過した車両を重課の対象とします。

  「最初の新規検査」とは、今までに車両番号の指定を受けたことのない車両を、新たに使用しようとするときに受ける検査のことです。

  最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初度検査年月」で確認できます。

 

自 動 車 検 査 証       平成○○年○月○日   軽自動車検査協会

 

車両番号

交付年月日

初度検査年月

自動車の種別

用途

自家用・事業用の別

車体の形状

徳島○○○ ○ ○○○○

 年

 月 日

  年  月

 

 

 

 

車台番号

乗車定員

最大積載量

車両重量

車両総重量

長さ

高さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーン化特例(軽課)

 

 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査をした車両で、

 

下記の㋐~㋒の環境性能を有する車両は、平成29年度に限り、軽課税率が適用されます。

 

車種区分

(排気量660cc以下)

税率(年額)

電気自動車等㋐

(概ね75%軽減)

燃費基準等㋑

(概ね50%軽減)

燃費基準等㋒

(概ね25%軽減)

三輪の軽自動車

1,000円

2,000円

3,000円

四輪以上

乗用(営業用)

1,800円

3,500円

5,200円

乗用(自家用)

2,700円

5,400円

8,100円

貨物(営業用)

1,000円

1,900円

2,900円

貨物(自家用)

1,300円

2,500円

3,800円

 

㋐電気自動車または天然ガス軽自動車かつ平成21年排出ガス10%低減達成車

 

㋑【乗用】平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車

 

  【貨物】平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

 

㋒【乗用】平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車

 

 【貨物】平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

 

※ ㋑、㋒については揮発油(ガソリン)を燃料とする軽自動車に限ります。

 

※ 各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の「備考欄」に記載されています。

 

 

 

 身体障害者等の方に対する減免

 

 身体障害者等の方が所有し、障害者のために使用する車両については、納期限の1週間前までに申請することで軽自動車税が減免される場合があります。

 減免を受けられる車両は、軽自動車税・自動車税を通じて1台です。

 

 

 

 

 

 

   

 

 <問合わせ先> 

上板町役場  税務課(軽自動車税担当)

 電話(088)694-6807

 

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

上板町 税務課
TEL:088-694-6807