公開日 2015年12月01日

子どもが健康保険等で医療を受けた場合に、医療費の自己負担分を助成する制度です。

上板町では、中学校修了前(15歳到達以後の最初の3月31日)まで対象年齢の拡大を行っています。

また、所得制限を廃止しました。※こちらを参照

 

 

手続きのしかた

 お子さんの保険証ができましたら、福祉保健課にて手続きをお願いいたします。手続きには、お子さんの保険証と印鑑が必要です(受給者が1月1日現在に上板町にお住まいでなかった場合は、所得課税証明書も必要です)。

有効期限について

 原則中学校修了までです。なお、「引っ越しした」「保険証が変わった」等氏名・居住地及び保険証の内容等に変更があったときは、14日以内に福祉保健課にて手続きをお願いいたします。 

受給者証の色と助成内容について

受給者証の色 対象年齢 通院時自己負担 入院時自己負担 公費負担番号
水色 3歳到達の月末  45360278
6歳到達の月末 有(※)
12歳到達の最初の3月31日
15歳到達の最初の3月31日   47360276

※6歳到達の翌月から自己負担(1レセプト最大600円)が必要です。

 

 自己負担は、1レセプト最大600円かかります。

 食事療養給付費は助成対象外です。

 詳しくは福祉保健課にお問い合わせください。

 

県外で医療行為を受けた場合

 県外で受診された場合は、徳島県と他都道府県では子どもはぐくみ医療制度の年齢範囲等が異なるため、子どもはぐくみ医療費受給者証をお使い頂けません。一度窓口でお支払いいただき、後日、役場福祉保健課に請求をお願いいたします。

 その際には、子どもはぐくみ医療費受給者証とお子さんの保険証、医療機関より発行された領収書と印鑑、お振り込み先の口座を確認できるものをお持ちください。

 

関連様式

 

外部リンク

徳島県:子どもはぐくみ医療助成制度

お問い合わせ

上板町 福祉保健課
TEL:088-694-6810

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード